ドラール

駒子の子供で第1子だったドラール

飼い主さんと話し合って介助犬への道を歩ませることにしました


今日は介助犬協会の方がドラのおうちに見にこられました

介助犬の訓練を受けるに値する犬かどうか見てもらいました

全く初めから箸にも棒にもならないようならここまで。



家での様子を見てお話してそれから近くのショッピングセンターに場所を移動してチェック






(携帯の画像なのでかなり悪いです)


ワタシは遠くから見てました

ワタシにはドラールが頼ってしまうのでなるべく遠くから。

食料品スーパーのあとはホームセンターに場所を移動

お店の方に許可をもらって自動ドアを行ったり来たり。

買い物客にどんな反応をするか見たり、空き缶を落としてその音にどんな反応するか見たり・・・

一回だけスーパーの前に出店してたお店のお兄さんが手を出した時に小さく吠えたそうです

でもなかなか落ち着いてるみたいでなんとか次のステップに進む事ができました

来週にはシンシアの丘に行って1週間から10日預けて医療的なチェックを受けます

目の検査。股関節の検査

それらに問題が無く期間中にドラを観察し介助犬として何とかなりそうなら改めて本格的な訓練を受ける為に訓練センターに入所します


それでも訓練中に適性が無ければキャリアチェンジって事になりますがドラがたとえそうであってもずっと愛犬として飼い主さんのもとで暮らします

少しでも飼い主さんの役にたつわんこになってくれたらいいなとバアバは精一杯応援しています



コメント

非公開コメント

biwaさん

ドラールの飼い主さんはハンデを持っておられますがとっても前向きな方です
介助犬協会とのコンタクトも全て彼女がやってくれてます
ワタシはほんの少しお手伝いするだけ
あとはドラールにかけるだけ

介助犬の訓練は警察犬とは違って楽しくやる事が大切みたいです
でも子犬の時から少しずつやっていた事も役に立ってるようです

ミルダンの空さん

まだ海の物とも山の物ともわかりません
初めの第一歩です

駒子の子供は比較的おとなしいと思うし訓練には向いてると思います
でもなれるかどうかは・・・??ですね~

ラブは賢くて扱いやすいと思います
あとは飼い主との絆です


つくぱぱさん

まだまだ盲導犬や聴導犬、介助犬が世間に認めてもらうようになるには時間がかかりますね
でもユーザーさんはわんこによって世間がひろくなります
そんなわんこを応援しています

ドラールははたして・・・・

みかちゅーさん

まだまだどうなるか分かりませんよ
でも初めの一歩かなと思っています
エルモちゃんはそちらにお住まいだったのですね
もっともっと介助犬が増える事、そして世の中の人や企業に知れ渡るようになるといいですね
世の中の役に立つ働くわんこを応援しています

No title

素晴らしい選択をされたのですね。やっぱり素質が有ったからでしょう。
でも、訓練って・・・、どの訓練も大変ですね!

きっと素晴らしい介助犬になってくれる事でしょう!
ドラールちゃん(君だった!)、頑張ってね!!

No title

ドラールちゃん介助犬になれるといいですね。

ラブならどんなワンコでもなれるわけでもないのだろうし、
苦労の多いイバラの道かもしれませんが
使用者の人と深い信頼関係でのつながりができたら
それだけで使用者の方の人生が変わるように思います。

介助がうまく出来るかどうかは個体差があるでしょうが
ハンデのある人の心の支えになるような
そうしう資質をラブって持っていると思いたいです。

お久しぶりでっす

最近、盲導犬のデモンストレーションなるものを目撃しました。
盲導犬にしろ、介護犬にしろ、これがリアル・ラブかっ!と、あまり
の利口さに思わずうちのワンコと比べてしまいます(苦笑)。

ドラールちゃんがんばれっ!

すばらしい!

ドラールちゃん すごいな~
訓練にはいれるといいですね!
一頭でも多くの介助犬が増えることを期待して
応援してますv-318
亡きシンシアの飼い主さん(現在はエルモくんと活動中)の木村さんとは知り合いです
わたしたちと同じ市内にお住まいなんですよ!
http://elmoblog.blog74.fc2.com/
JAのCMに エルモくんと出演されていますね!

billmonさん

あ、カレンダーうちにもあります
アールちゃん何月のところにいるのかな?

ドラールの事応援ありがとうございます
どうなるか分からないけどできるだけの事はしたいと思っています

No title

ややや~! そうなんですか。
適正があって、その道に進むことになっても・・・
そうでなくても・・・
優しく見守ってあげたいですね!

うちにシンシアの丘のワンカレンダー有りますっ!
(アールも写真参加のやつ)
介助犬の働く姿、、、写真を見ただけでも、、、
ウルウルしてしまうオジさんのワタシです。。。