クレートトレーニングの重要性


お客様で気仙沼にご実家がある方が被災地に物資を持って行って来られました

飼っているわんちゃんはうちでお預かりしていましたが今日飼い主さんの元へ帰って行きました

幸いご実家は無事だそうで何よりでした

ワンちゃんを迎えに行った時にうちにあったガソリンタンク(20L)を持っていくと涙を流して喜んでくれました

義援金にしようと思っていたへそくりを託しました

向こうでは避難所の隣にわんちゃんのスペースがあったようですが慣れないバリケン生活のストレスで凶暴になるワンちゃんもいたようです

餌も少なくなっているようで託したお金で餌を買って持って行ってくれたようです



普段おうちの中を自由気ままに暮らしているわんちゃんはいざという時バリケンに入る事ができません

ワンコホテルのお客様にも「いざって時に困りますよ」といつも申し上げます

でもどれほどの方が分かってくれてるか・・・

今回のような事が起きて始めて気がつくけどそうなってからでは犬が混乱します

一度覚えたクレートトレーニングはもう忘れません

げんにゆずやルノは家族と一緒に寝てるけどバリケンでおとなしく待てます

「バリケンなんかに入れるのかわいそう・・・」なんて言ってると本当にかわいそうな目に合わせる事になるんです

小さいうちに訓練しましょう。わんこも安心できる場所が必要です





それから家で飼ってる人の中には家の中だからと言ってカラー(首輪)を外しちゃう人いませんか

うちでは家の中でもカラーは外しません

いざって時に犬を掴む事も出来るし万が一家から脱走しても目印になるからです

犬には衣服はありません

虹の橋に行ったそらも付けていたカラーですぐ分かりました(半分腐ってましたから・・・)

だからカラーはいつも付けていてください

お願いします




コメント

非公開コメント

ぽんこさん

こんにちわ

仙台のご親戚の安否が確認できたようで一安心です
ほんとになんてお声掛けしたらいいのでしょう
頑張ってってしか言えないんです

大型犬の飼い主さんはおおむねクレートトレーニングについては理解なされていると思います
問題は小さい子
かなり人間に依存してる子が多いですから

首輪については賛否両論あるでしょうね
確かに昔、そらをつないで飼っていましたから(脱走防止のため)雷が来て死にかけたことあります
犬の身元確認の方法は難しいです
チップも刺青も照会までに時間がかかりすぎる
一番誰が見ても分かるのはカラーや迷子札です
誰かラブでも簡単に取れない迷子札知りませんかねえ


あ?最後の一文ってどれのこと?

ティプロンさん

クレート大好きな子に育ってくれてPEPPYちゃんは良い子ですね
別に慣れればどうってことないんですよね
ここが自分の居場所ってことだし
いざって時が来ちゃったらどうするのかな

・・・むむむ、そういえばおとぎにはしていない(汗)

billmonさん

ご賛同ありがとうございます(笑)

ペットとの共生についてはいろいろ考えもあります
ドイツなどでは犬は常に自由です
でもそれは人間との関係をきっちり築き上げた上での事
自由気ままではありません

犬はもともと穴蔵暮らしだと言われてるんですけどね~

No title

こんにちは。
ご心配いただき、ありがとうございました。
また、お友達のご無事が分かって本当にホッとしました。

バリケンとカラーのお話、よく解ります。
我が家は、最近バリケンに替えた(ケージ大きくて邪魔)のですが
トレーニングを子供のころからさせておいて、ホントに良かったと思うことが多々あります。
精神的にも「中にいれば安全。」と犬も思っているので、外に出しっぱなしの時よりも
落ち着いていられる子がとても多いように思います。
室内フリーの子、良く見ますもんね。

カラーは、ダギーだけは室内でもフリーです。
チップも入れ墨も入ってるし…。
レナードは、信じられないヤツなので、最近つけっぱなし。
これも悩ましいところなのですが、友人のわんこが逃げた時、カラーが木の枝に引っかかって取れなくて、そのまま天に…ということもあったので、犬が首を強く後ろに引くと、スポッと抜けるのを重宝してます。
見た目は安っぽく見えるカラーですけど。

でもでもゆずママさん、最後の一文が怖すぎます(涙。
半分…あわわわ…。

No title

うちもクレート好きになってくれてます。
電車移動も多いのでクレートに入ってくれないと
困るし(笑)
食休めもクレートの中で小一時間。

しかし、カラーはしてなかったっす。
前から気になってたんですけど、苦しいとか痒がるとか
思ってましたが、なんか優しい目のカラー探して
家の中でもつけるようにしたいと思います。
ありがとうございました。

うむ!

そうですね。大切な事ですね。
そうそうある事ではないのですが、言葉の通り万一の場合に備えてというのは大事ですね。
クレートへの慣れ、加えて無駄吠えの抑止も大切だと思います。避難場所に人間とペット(犬)を一緒に!という声もありますが、些細な事で吠えまくる犬を人間の避難場所に置くのは抵抗があるかも知れませんね。

これを機会に色んな事を振り返ってみるのも大切ですね。