原因を知る

あっという間に7月です

もう今年も半分終わっちゃったんですね

このところの蒸し暑さのせいかわんこ達もちょっと体調を崩す奴もいて病院通いが続きました

まずモモが去年の夏に起こしたような食欲不振、嘔吐、下痢(さらに血便)

去年のブログを見ると8月に同じ症状で病院通いをしています

結局のところ原因はわからず胃にびらんが出来ているか胃潰瘍との事ですが1週間ほどでよくなって腹の立つほど元気になりました

その間、駒子がびっこになり左の前をかばうような歩き方をするため病院でレントゲンを撮るとはく離骨折がありまた関節炎もけっこうひどい状態のようです

犬の関節炎

 犬の関節炎とは、骨と骨とをつないでいる関節に炎症が発生した状態を言います。
 基本的にはどこの関節でも起こりうる生理現象ですが、体重を支える前足のひじ関節、および後足の膝関節・股関節などで多発します。しかし進行が緩やかなため、見落とされることも多い疾患の一つです。同じ場所に繰り返し炎症が生じることによって骨が増殖したり(=骨棘, こつきょく)、関節表面の滑りをよくする軟骨が磨り減ったりします。



駒子の関節炎は両方の前足の関節(指)に骨棘が多数みられました

たぶん今までのボール遊びの時に前足で踏ん張るようにボールに向かっていくので指の関節に負担がかかったものと思われます

回復する事はなく病状を抑える生活をするしか方法は無いのですがボール投げ意外に楽しみもなく一日バリケンで自主的に寝てる生活なので我が家の方針としては筋肉が落ちない程度にボール遊びは続けようと思います

もちろん激しくスライディングするような投げ方をしないようにするつもりです

どんな病気にせよその原因を知ることでその後の生活を変えたり進行を抑えた生活をするために参考になると思います

でも知りたくない病気もあるので一概には言えないけどね




P6192144.jpg

写真は兄弟会での駒子

子供たちに負けないくらいはっちゃけて走ってました

大好きな事をなるべくさせつつ様子を見ながら生活して行こうね

コメント

非公開コメント

とっこさん

ジーナちゃんもボール投げ禁止ですか?
うちはボール投げをしないと全く動かいないんだけど仕方ないね
お散歩行けばいいんだけど。。。

わんこは痛いって言ってくれないから飼い主が注意しないとね
楽しい事見つけなくちゃ

駒子ちゃん、ボール投げだいすきなんだね。

ジーナも昨日、病院で、体重を計ってもらったり、
耳を診てもらったりしてきましたが、
ボール投げはしちゃいけないっていうアドバイスを受けました。
軟骨を大事に使わなきゃって
思わぬアドバイスを受けて・・
タイムリーに駒子ちゃんのお話で
考えさせられました。

ジーナは、うれしくなるとはしゃいでしまうので・・・
大事に楽しくできるといいですよね。