駒子が大変なことに。。。。

10月28日、嘱託犬の試験を受けた次の日でしたが駒子の右耳の全耳道切除の手術を受けたのはご報告の通りでした

その後4日ほどは絶好調だったのですが11月4日の夕方、少し広場で遊ばせようと思って出すとなんか後ろ足がふらふらする。。。

夜になってふと見ると首の下から右肩にかけて水がたまったようにブヨブヨと腫れてる
これは変だと思い病院に電話してみると祭日の夜間で院長不在
明日まで様子を見てくれというところを無理言って連れて行った

若い留守番のドクターは触診するもよくわからず血液検査もさほど異常が認められない
皮下注射と抗生剤を新たに追加してもらい帰ってきた
その時足の事も報告したが特に異常もなく気にも留めていなかった

その後後ろ足をあげて7日にはとうとうつかなくなりまた再受診
腫れていた肩の水は一部硬くなり「フレグモーネ」と診断
足は様子を見るしかない
足は痛さが増して泣きわめく
立って歩くことも困難な状態になってしまいもう一度受診
消炎剤のステロイドをやめて関節の痛みどめをもらう

夜中に痛がってパニックになるし便もでない
もういよいよ寝たきり

耳の抜糸どころではなくなり他の病院にセカンドオピニオンに行ったり
今週には東京の動物医療センターを予約した

詳しい診断がでれば痛いところがわかるはずだ

色々思うところはあるけれど今は診断待ちの状態なので余計なことは言うまい



バリケンに入ってしまうと介護ができないのでバリケンの上部を外して台車を買ってきて引っ張り出せるようにしました

トイレは必死になれば自力で出せるので1日に1回か2回連れ出しますがうっかりするとしたものの上にへたり込むので大変

介護用のベルトやお灸の道具を貸してくれるワン友さんがいて助かりました

コメント

非公開コメント

billmonさん

シニアっていわれるとそうなんだけど急になったので焦ってます
人の腰も年と共に。。。
お互い気を付けましょう

まりさるさん

痛いのだけがちょっと見ていてつらいです
一日のリズムがだんだんできて来たのでこちらもちょっと楽になりました

px3さん

幸いにして食欲は変わりなくあるんですよ
ヤギのお乳も今はもう搾ってないし。。。
痛みが取れれば元気になるはずですから

あっぷる5さん

ありがとうございます
こんなに早く介護生活になるなんて想像してなかったのでちょっと焦ってます
でもきっと治りますから

そらとくぅのママさん

ええ?ご主人だいじょうぶですか?
なにか菌が入っちゃったのかしら?
そちらもお大事になさってください
くうちゃんたちは変わりないですか?

はなケンママさん

大丈夫。。。じゃないけど頑張ってます
ありがとう!

ダフィバさん

ご心配おかけしています
まだまだ遊ぶのは無理ですけどナデナデしてください

つらいね!

う〜〜ん。
人間もシニア世代になると色々あります。
ワンズも一緒ですよね。
少しでも楽になって、、そして、良くなってくれると嬉しいですね。

ゆず!
元気か〜!

駒子ちゃん心配ですね
痛がっているなんて読んでるだけでも切なくなります、東京の病院で回復して元気になりますように祈っています
看病しているゆずママさんもお体に気を付けてくださいね。

駒子ちゃん大変ですね。

痛くて食べることもできないのでしょうか。 
食べないときは山羊の乳なんていつも思っています。

駒子ちゃん、ガンバッ!
なんて言ちゃいけないですね。

駒子ちゃん、心配ですね。
どうか元気になりますように。。。。
ホントにホントに祈ってます。

駒子ちゃん可哀想。。実はうちの旦那さん同じ病気で只今入院中です。右足が腫れ上がり痛みも強く熱もでます。
安静にして一日4回の抗生剤を点滴で投与してます。駒子ちゃん早く治りますように。。
お大事にしてください。

大丈夫?大丈夫じゃないですよね。
痛みだけでも取れるといいのに・・・ お大事にしてください。

え!えええ!
ショックすぎて どうしよう。。
駒ちゃん… 東京いって、元気に戻ってきて またボールあそびしようよ。