FC2ブログ

山の捜索

土地柄山で行方不明になった人の捜索にも呼ばれました

ご夫婦で白駒の池に観光に来られて奥様がトイレに行っている間に愛犬とともに痴呆気味のご主人が居なくなった事例
呼ばれて現場に到着したのは夜中の2時でした
駐車場に降りると無数の鹿の目が光っていたのを覚えています
遊歩道以外の道は1本しかなくまずは池の周りを捜索しますが反応はありませんでした
国道の反対側にも遊歩道がありゆずはそちらに行こうとします
遊歩道は木道になっていて夜露でぬれて滑ります
トレッキングシューズを履いているのですが暗くて危なかったです
ゆずは構わずどんどん行くのでリードをしっかり持ってついていくのに必死でした
あまり観光客のこないるーとなので荒れていてこの先いくかなあ。。。とゆずを引き戻しました
結局二人で探すも何分真っ暗でらちがあきません
翌日もう一度来ることにしてその日は帰りました
翌日、御主人が連れていた犬だけが道路を歩いて帰ってきたとの事で犬が見つかったあたりから捜索を開始しました
観光客が歩く遊歩道ではなく林道があったのでそちら方面を上っていきました
どのくらい上がったでしょうか、ゆずがわきに入ってしまいリードが絡まったのでちょっと手を放してしまいました
すると林道を一瞬何かが横切りました
イノシシでした
ゆずは素早く反応してロングリードを付けたままそのあとを追って行ってしまいました
ああ!やってしまった!もう戻ってこないかもと焦りました
普段からかっ飛び娘のゆずの事、呼んだって帰ってこないと半ばあきらめた時林の中からゆずが飛び出してきました
つけていたロングリードはナスカン部分からなくなっていました
よかった~、こんな幸運なことはもうないだろうと思いました
それから何もなかったように林道を捜索しましたが手掛かりはなくその日も終わりました
それから何日かして奥様から直接犬をお願いしたいと電話がかかってきました
通常犬の依頼は警察が依頼者からの要請により電話をしてきます
直接頼まれることはないのですがこの時は奥様の気持ちを考えると断る事が出来ず主人と再び現地に行きました
今まで探した場所と反対側へ行きました
しかしやはり時間も経っていてにおいを取ることができませんでした
少しの浮遊臭があればゆずなら探してくれると信じて探しましたがダメでした
この当時は依頼者との謝礼金のやり取りは指導手本人にまかされていました
探しても見つからなかったりするのですごく申し訳ないような気もして嫌でした
今回は2頭で3日も出て何時間にも及んでしまったので捜索代は10万を超えてしまい依頼者さんにどういったらいいのか悩んでしまいました
結局不明だったご主人は翌年の夏にゆずが探した国道向こうの遊歩道をずっと行った先のスキー場で白骨の状態で発見されました


また別の時には山の登山道を5時間も探しました
そこは本澤温泉という日本一高い露天風呂に行く登山道です
キノコ採りに行くといって帰ってこなかったおじいさんの捜索でした
まず集合場所に行くまでが大変でした
ふもとの駐車場からガタガタの道をひたすら上っていきます
地元の消防団などは軽トラックの荷台に乗ってそこまで来ていましたが車でいける自信がなかったので徒歩でした
そこから登山道に入っていきます。上空には防災ヘリが居ました
おじいさんはキノコ採りの時は誰にも場所を教えたくなくて入り口までは息子さんがついてきたそうです
犬が反応したら登山道から駒子だけを離して探させて呼び戻すということを繰り返しました
ただ捜索犬と違うので何かあったとしても吠えることはありません
この時、このような現場には警察犬ではなくて自由に捜索できる犬が必要だと思いました
ゆずは相変わらずグイグイ上っていきますが駒子の体力が持ちません
温泉に着くころには人も犬もへとへとでした
そして捜索に行って一番大変なのは車まで戻らないといけないということです
どんな現場でももちろん徒歩なのですが終わったころには車からはるか離れています
たま~~にパトカーに乗せてもらえるのですが基本徒歩なのです
今回は山の中ですから来た道をまた戻っていくのですが集合場所について消防団はまた軽トラックの荷台に乗って帰っていきます
えー、乗せてよ~と心の中で叫んでいましたがトボトボ主人と犬2頭で帰るしか方法はありませんでした

もう一つ印象的な捜索がありました
こちらは自殺したかもしれない女性の捜索です
女性の車が乗り捨てられている場所から車の中にあった靴を源臭に探しました
ダム湖に続く道をゆずはグイグイ降りていきます
途中で水の入ったペットボトルの置いてあるところをぐるぐる探してさらに沢沿いに上に上がっていきました
(ペットボトルは女性が睡眠薬を飲んだものと後で聞きました)
足場の悪いがれきの沢を探してそのまま今度は下の方へ行きます
石と倒れた木とで足を取られてこけそうになりました
ゆずはそのまま先に先に進み、すぅっとそのままダム湖に入っていってしまいました
しばらく水面のにおいを嗅いで泳いでいましたがリードを離すわけにもいかないので呼び戻しました
ゆずの様子から入水したように感じて警察には入水してると報告しました
その方は結局見つからないままです

P1010849.jpg

コメント

非公開コメント